DIARY

2020年2月2日

2020年2月2日(日)。今日の天気は晴れ。

昨日は目まぐるしい一日で、それと同時に心なしか緊張もしていたので、疲れが一気にやってきました。

まず、目を開けることすらできません。前日に頓服薬大量に飲んだくらい体がキツイです。早朝の朝風呂はもちろんパス。朝食も、参加することが出来ませんでした。

朝食後、従妹ちゃんがわたしたち一家の部屋に遊びに来たらしく、気が付いたら従妹ちゃんがとなりの布団で寝ていました。

両親曰く、出発までまだ時間があるから、そのまま寝ていてよいとのこと。わたしは遠慮なく寝続けました。

朝の11時になったところで、さすがにもう起きろと両親に叩き起こされ、身支度を始めました。

今日は三ヶ所観光すると祖父母から聞かされました。まず一ヶ所目は、新元号「令和」で一躍有名になった坂本八幡宮。

こちらは、「令和」の典拠が、『万葉集』巻五の「梅花謌卅二首并序」にある一文であり、その歌会の開催地は大宰帥・大伴旅人の邸宅で、この坂本八幡宮の付近にあったとされるそうです。

新元号「令和」のおかげで、観光客が激増したそうで、たしかに田舎にしては中々の込み具合でした。ですが、「令和」以外にさしたる特徴もない神社ですので、お参りだけしたら、次の目的地まですぐに向かいました。

二か所目は観世音寺宝蔵です。こちらは重要文化財である観音様が十数体展示されているのですが、とにかく大きさ、迫力がすごかったです。

仏像にはあまり詳しくありませんが、彫刻も素晴らしく、その大きさに思わず両手を合わせてしまうほど。こんなへんぴなところにあるのがもったいないくらいでした。

大宰府観光に行かれる方は、是非この観世音寺宝蔵に行かれることをおすすめします。

観世音寺にお参りした後は、いよいよメインの太宰府天満宮です。参道には店が溢れ人が溢れ、とても活気がありました。

伝統的な「木組み構造」を用いたことで有名になった、スタバの太宰府天満宮表参道店にも行ってきました。スタバファンなら一度は行っておかないとね。

天満宮にお参りした後は、我々一族の恒例のコースである、お石茶屋に行きました。

太宰府天満宮にお参りしたら、必ずお石茶屋で梅ヶ枝餅を食べるというのが、お決まりのコースになっているんです。お石茶屋について詳しく知りたいという方はコチラ↗

焼きたての梅ヶ枝餅はアツアツでとても美味しかったです。東京でも買えますが、やはり焼きたて出来たてにはかないません。福岡ならではのお味ですね。お石茶屋はあんこも一味違うので、気になったという方、もしくは近日中に大宰府に旅行予定の方は是非立ち寄ってみてください。

お石茶屋を後にした我々は、せっかく福岡に来たので、博多観光ということで、博多ラーメンを食べに行くことにしました。祖父母はどうやら疲れてしまったらしく、お昼寝をするため、我々一家観光組とはここで別れます。

我々一家と従妹ちゃんは、キャナルシティにあるラーメンスタジアムに思いを馳せ、博多駅まで向かいました。

キャナルシティは大型ショッピングモールで、全国チェーン店が多数入っているので、あまり地方に来た感じがしません。ほぼ都内と同じです。複雑な構造の建物の中をぐるぐると回り、ようやく最上階のラーメンスタジアムに到着しました。

入るのは「博多らーめん二男坊」。博多に来たからには、ど真ん中のラーメンが食べたい。そう思った我々は一番シンプルなラーメンを注文しました。値段も安かったのですが、わたしが一番感動したのは、煮卵が全卵丸々一個入っていたことでした。

何故感動したかと言うと、実はわたしの家の近所に家系ラーメン屋さんがあるのですが、煮卵は一個の半分しか入っていなかったのです。ところがそれも、消費税10%に増税のあおりを受け、ついに鶏の卵からうずらの卵にサイズダウンしてしまったのでした。

しかし博多では贅沢に鶏の卵を一個丸々使用している!ああ、良い意味で田舎だなアと感じました。

ラーメンはとても美味しかったです。こってりこてこてのラーメンが食べられて幸せでした。

体が温まったあとは、スタバに行って少し休憩しました。従妹ちゃんはもじもじしながらも、ホイップ増量を注文し(ホイップクリーム増量のオーダーが恥ずかしかったらしい)、わたしと二人でもりもりのフラペチーノを頼んだのでした。

さて、そろそろ旅館に帰らなくてはなりません。

キャナルシティはなんとも不便なところにあり、JR博多駅と西鉄の天神南駅との中間にあるのです。

どっちから帰っても良かったのですが、ここで母が懐かしの西鉄に乗って帰りたいと言うので、天神南駅を目指して歩きます。

途中の中州を挟んで、天神南駅までは徒歩15分といったところでしょうか。怪しい店もあり、かと思えば非常にお洒落なバルの店があったりと、見ていて飽きない町でした。

旅館に着くと、お昼寝をしていた祖母は、一足先に温泉に入っていたようです。このとき時間が夕方の5時で、夕飯の時間まで1時間しかなかったので、わたしと母と従妹ちゃんは夕飯の後に温泉に入ることにしました。

夕食も前日と変わらず美味しいものばかりでした。上げ膳据え膳、お肉に魚にと至れり尽くせりです。わたしたちは温泉に入るため、前日よりは早めに夕食の席を中座し、女子3人で温泉に入りに行きました。

温泉は喉が渇きます。脱水症状を起こして倒れるかもしれません。温泉に入りながらも冷たい水を一気飲みしたいという従妹ちゃんは、水筒になみなみミネラルウォーターを汲み入れ、桶の中に入れて湯船に浮かべていました。頭いいね。

今日は昨日より疲れが残っていません。ご飯を食べ、お風呂に入った後でも目が冴えています。テレビを見ていると従妹ちゃんが何やらボードゲームを抱えながら部屋に入ってきました。どうやらオセロで遊んでほしいそうです。今年21歳ですが、可愛い子です。

従妹ちゃんの相手は父がしてくれました。オセロの後は四目並べと次々に違うゲームをしているようです。

従妹ちゃんはこのまま我々一家の部屋で就寝したいようで、自分の部屋から掛布団とまくらを持ってきていました。わたしは従妹ちゃんが寝始めた段階で結構もう体力が限界でしたので、一緒に寝ることにしました。

今日も一日、楽しみました。明日は旅行ラスト一日、満喫しよう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。