漫画だけ読みたい方はコチラからどうぞ

天気も快晴、心も快晴

人間、99%のいいことよりも、1%の嫌なことの方にフォーカスしがちです。

私の場合、特に会社員時代は嫌なことばかりに着目して、今日一日が嫌な一日だったと錯覚してしまうようなことが多々ありました。

ノマドになって、関わる人間の数が格段に減った、ということもありますが、会社員時代とは比べ物にならないほど穏やかな日々をすごしています。

心の余裕が生まれましたので、嫌なことにフォーカスしがちな思考のクセを、嬉しかったこと、良かったことにフォーカスするよう、矯正する訓練を始めてみました。

例えば桜の花がきれいだった、スタバの店員さんの対応がとても優しかった、試してみた新商品のドリンクがすごく美味しかった、ケーキが上手に焼けた、などのすごく小さなことで良いのです。そういった日々の、気を留めなければ簡単に過ぎ去ってしまうような小さなことにも良さを見出し、自分が幸せになれたことに対して、感謝をします。

この思考法は「3 gratitude」(スリーグラティチュード)と呼ばれ、欧米で幸せになるための思考法として取り上げられています。毎日3つずつ、感謝したこと、良かったこと、幸せになれたこと、笑ったことなどをノートなどに3週間書き続けていけば、睡眠の質は良くなり、より幸せになり、モチベーションが上がり、気持ちよく物事を始められる、というものです。

3 gratitudeをしてみると、この世界は嬉しいことに溢れていて、なまじ捨てたもんじゃないなと前向きな気分になれます。

皆さんも是非いかがでしょうか。メモ帳と鉛筆があればすぐに始められるこの3 gratitude、実際に自分の手を動かすので頭の中の整理にもなります。前向き思考にもなれて一石二鳥ですね。

願わくば、多くの皆さんが幸せ思考になれますように。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。