diary

i am a weak-willed girl.

わたしは全く意志の弱い人間です。

ダイエットに英会話、FPの勉強など悉く挫折してきました。

続かないのです。

かつてはこのブログも、今回の再始動前は挫折に終わったブログでした。

書き始めて2ヶ月もしていないのに、思ったよりPV数が伸びなかったから、記事ネタのストックが切れたから、など色々理由をつけて、思うような結果がすぐに得られなければ挫折してしまったのでした。

自分の意志の弱さに時々泣きたくなる時があります。私ってこんなにダメな人間だったっけ。なんの目標も達成できないようなゴミカスだったっけ。

すると私の母はこう言いました。

「そんなことない。あなたは小中高校大学とすべての学習過程を中退も留年もせずに立派にやり切った。部活動も、習っていたバレエも途中でやめることなくやり遂げた。決して意志の弱い人間ではない。」と。

私は驚きました。自分では然るべき学校に通い、学生の義務である部活動やその他習い事に勤しむことが、立派なことであるとは考えたことがなかったのです。なぜなら、それは当たり前のことだったから。

しかし、何らかのやむを得ない諸事情により学校を卒業できなかった人々や、部活動に参加することが出来なかった人も少なからずいるわけですから、それらは当たり前である一方で、喜ばれるべきものでもあると教えてくれたのは母でした。

私は意識を改めました。いきなり高い目標を掲げるのはやめよう。毎日をしっかりと生きよう。精神病棟からの退院後、初めて就職した職場は4日しか持ちませんでした。続いて就職した職場では2ヶ月続きました。今回は企業の方からクビにされた形でしたが、それでも継続するという観点において少しずつではありますが成長はしていたのです。

再びノマドとなった今、わたしはかつてない解放感と喜びに満ちています。もう嫌な仕事を泣きながらする必要もない、体力勝負のキツい仕事をする必要もない、仕事が与えられないのに働いているふりをしろと言われて辛い思いをすることもない。わたしは自由になったのです。

これからは内省の意味もこめてわたしが本当にやりたかったことを思う存分やっていこうと思います。そして高い目標を設定するのではなく、まずは何事も継続することを目標に掲げたいと思います。

こういう時、誰かや何かに対して誓うのが筋ですよね。

では、わたしが大好きな北極星に誓いましょう。

そして少数ではあってもわたしのブログを見に来てくださる読者の皆様に対しても誓いましょう。

わたしの2020年の目標は「継続」です。

ここで、わたしが2020年にかけて何を継続していこうと考えているかを少し書き連ねて終わりにしたいと思います。

my parents want me to be slender.

両親にダイエットを強要されています。

確かに褒められた体重ではありません。

元々細身の体型だったのですが、母からは「随分ふわふわふくふくになったわねえ」なんて言われています。

太ってしまった原因は2つあります。

ひとつは精神病棟での入院生活における極端なまでの運動不足のせいです。わたしは精神病棟の中でも閉鎖病棟にいたので、自由な外出が禁じられていました。1日に10歩も歩かない生活が3ヶ月続いたのです。すると何が起こるかと言うと、今まで何ともなかった家から駅までの1.5kmの距離を歩くのにもゼエハアとなってしまうのです。運動不足を解消するリハビリは数か月かかりました。今では1日13kmまでなら歩いても疲れない体になりましたが、油断は禁物です。散歩がてらダイエットしようと思っておりますので、毎日散歩は続けたいと思います。

ふたつめは現在服用している薬のせいです。わたしの友人は精神科の薬を服用し始めてから15kg太ったそうです。確かに私も薬を服用し始めてから体重が8kg近く太ってしまいました。外来で毎月通っている精神病棟に行ってもほとんどが太っている人で、痩せている人は滅多にいません。

そうなると薬を服用している間はあまり体重の減量が望めなくなってしまいます。いや、いくら薬のせいだと言っても太ったままでいることは避けたい。結局はダイエットを頑張るしかないのです。

知り合いの方で、ボクシングジムやライザップを総なめにしている強者がいます。その人に誘われる形で、年明けにボクシングで体を絞る「ボクササイズ」を始めてみることにしました。こちらも途中で挫折しないように頑張りたいと思います。

▼ボクシングに興味のある方はこちらをクリック!▼

i will learn financial knowledge.

FPの勉強は、わたしが社会人1年目から掲げていた目標のうちの一つです。社会人、つまり一人で生計を立てられる身として、お金の勉強は欠かせないと思ったからです。しかし、会社に勤めていた頃は、現在の職種が金融とは全く関係のない部署だったということもあり、やる気が出ずに挫折。会社を辞めてからは、そもそも何故FPを勉強するのか目標と意義が定まっておらず挫折。精神病棟を退院してからは、薬のせいで体がキツくて勉強ができず挫折ということを繰り返してきました。

4度目の正直。今度こそは挫折しません。そのためには目標と意義、今後の展望を掲げておきましょう。

目標:2020年の年の暮れまでにFP3級の勉強を終える。

意義:お金に詳しくなる。自分のお金に関する身の回りのことや生計を立てることに関して、自分一人の力で解決できるようになる。

今後の展望:金融の知識を身につけ、今後アフィリエイトにおいて金融商材を扱えるようになる。今後のビジネスとして役立てていく。

私はずっと金融のプロとして、最前線を走っている父が羨ましかったのです。父は私が思い描いていたビジネスマンそのものであり、生きていく上で必要なお金周りのことに対して非常に細やかな人でした。

金融は専門知識であるが故に、金融ライターやアフィリエイトの金融商品は単価が高いのです。勉強するということは大変なことですが、知識武装をすれば稼げる時代なのです。

私は何の資格もない平凡なアラサー独女ですが、ここで資格を取っておけばそれが自分への自信につながると信じています。そして自分に言い聞かせるのです。さあ、あなたの得意な勉強を始めましょう!

このブログを書いている途中、早速FP3級の教科書を買ってしまいました。読書がてら参考書を読み込みたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。