TELECOMMUNICATION

格安SIM丸わかり大辞典!今はやりの格安SIMを使いこなそう!

スマホをお使いの皆様、SIMカードというものをご存じでしょうか?

中にはもちろん知ってるよ、という方も、いや意識したことないよという方もいらっしゃるかと存じます。私は格安スマホを今までお勧めしてきましたが、SIMカードというものはスマホを構成するうえで一番大切な部品、核なのです。本日はそのSIMカードについて深く掘り下げていきたいと思います。

そもそもSIMカードって何?

SIMカードとは、スマートフォンや携帯電話を使って通信するために必要なICカードのことです。

SIMカードにはそれぞれに固有のID番号が割り振られていて、それをスマホなどの端末に装着して初めて、各端末が誰のものなのかを特定できるようになります。

スマートフォンや携帯電話にとって、SIMカードはいわば身分証明書のようなものなのです。

スマートフォンを使うために必ず装着する必要のあるSIMカードですが、「そんなカードを自分で装着した覚えはない」という方も多いのではないかと思います。

多くの場合、SIMカードを最初に装着するのは新しくスマホを購入したタイミングになります。そしてキャリアショップで購入した場合は、スタッフがSIMカードを装着してから渡してくれることがほとんどなので、SIMカードの存在をあまり意識することがないのです。

よく聞く格安SIMって何?安くて大丈夫なの?

SIMカードの中でも格安SIMカードと呼ばれるものが一般的に出回るようになってきました。

これはMVNOと呼ばれる、キャリア以外の通信業者が販売するSIMカードのことです。

docomoやau、Softbankといった大手キャリアでスマホを使うよりも利用料金が安くなることから、格安SIMカードと呼ばれています。

MVNOの場合はiPhoneなどの端末を含まず、SIMカード単体で契約することも可能です。

格安SIMカードを装着することで、MVNOが提供する、格安の通信サービスを受けることが出来ます。

「格安」となると気になるのが通信や通話の品質ですが、多くのMVNOの場合、docomoやau、Softbankといった大手キャリアの回線を利用してサービスを提供している為、これといった心配は必要ありません。もちろん利用可能エリアも大手キャリアと同様になります。

ただし、格安SIMカードではキャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなどのキャリアが提供するメールアドレス)が使えないので、自身のEメールアドレスとしてGmailかyahoo!メールのアカウントを取得する必要があります。

※MVNOって何だっけ?MVNOや格安SIMの基礎知識について復習しよう!こちらの記事も併せてご参照ください。

SIMカードの利便性

SIMカードは使用中の端末から抜き出して、他の端末に差し替えて使い回しできます。

SIMカードを差し替えることで、新しい端末に固有ID、電話番号、キャリアメールアドレス(大手キャリアの場合のみ)を引き継ぐことが可能です。

電話帳やLINEのアカウント、アプリ情報などは引き継がれませんので、それらも新端末に引き継ぎたいなら別途引き継ぎ作業が必要です。

また、SIMカードはスマホだけでなくSIMカードスロットがあるタブレットやノートパソコンにも挿して使いまわせます。

SIMカードスロットとは、スマートフォンなどで通信・通話を行うために、SIMカードを挿入もしくは装着する場所(差込口)のことです。

ただし当たり前ですが、タブレットやノートパソコンには電話機能が付いていませんので、音声通話SIMを挿しても、通信はできても電話としては利用できません。

格安SIMカードの種類

多くのMVNOが、格安SIMによるさまざまなプランの通信サービスを提供していますが、格安SIMカードの種類は大きく分けて3種類です。

★データ通信専用SIMカード

こちらはインターネット通信のみを行なえるSIMカードで、スマホで利用できる機能のうち、電話以外はすべて対応可能になります。

反対に言うと、電話番号はもらえず、電話やSMSを利用することはできません。その代わり音声通話SIMと比べて月額料金がとても安く、中には月額500円以下で利用できる格安SIMもあります。

音声通話ができないため、サブ端末やタブレット端末でデータ通信を安く利用するのに向いています。

最近ではLINEなどのメッセージアプリの普及もあって、電話番号を持たずにスマホを利用する人も増えていて、そういった人々のためのSIMカードと言えるでしょう。

通常の電話を利用しないという人はメインのスマホでデータ通信専用SIMを使うのもありですね。

★音声通話SIMカード

こちらは名前の通り、電話機能も使えるものになります。音声通話だけでなくデータ通信(インターネット)ももちろんできます。データ専用SIMカードと比べると利用料は高くなるのが一般的ですが、電話機能に加えてショートメッセージサービスも使えるのが魅力です。

電話番号を別のキャリアに引き継ぐ「MNP」に対応しているので、大手キャリアで使っていた電話番号をそのまま格安SIMで使うこともできます。

また、海外でも普段の電話番号で電話ができる「国際ローミング」にも対応しているので、海外でスマホを使う人でも安心です。

音声通話SIMは使い勝手が大手キャリアとほとんど変わりません。

★SMS対応データ通信専用SIMカード

SMS対応データ通信専用SIMは、その名の通りデータ通信とSMSが利用でき、電話は利用できないタイプのSIMカードです。

料金はデータ通信専用SIMより100~150円ほど高くなります。

メールやLINEが主流となっている昨今ではSMSは必要ないという人もいるかもしれません。

しかしLINEなど一部のアプリやサービスを利用する際には、SMSを使った本人確認が必要な場合もあります。

データ通信専用SIMとどちらにしようか迷った場合、料金差も小さいですし利便性も高まるので、SMS対応データ通信専用SIMを選ぶことをおすすめします。

SIMカードには3種類のサイズがある

SIMカードには大きく分けて次の3つの種類があります。スマホやタブレットの機種によって利用できるサイズが異なりますので、購入時には必ず確認しましょう。適合するサイズはスマホの取扱説明書か、格安SIMを提供しているそれぞれのMVNOのサイトで確認できます。

出典:OCN モバイル ONE

★標準SIM

名前からすると最も標準的なサイズを想像しますが、よく使われる3種類の中では最も大きなサイズのSIMカードとなります。大きさは15mm×25mmです。最新機種ではあまり採用されなくなっています。

★microSIM

主流となりつつあるSIMカードが12mm×15mmという大きさのmicroSIMです。普及モデルと呼ばれる安い価格のAndroid機種で多く用いられています。

★nanoSIM

一般的に使われているSIMカードの中では最も小さいのがnanoSIMです。大きさは8.8mm×12.3mmです。Apple社製のiPhoneで積極的に採用されており、iPhone5以降は全てこのnanoSIMとなっております。

SIMカードのサイズは変更できる

★キャリアにサイズ変更手続きを申し込む

SIMカードのサイズを変更する最も簡単で確実な方法は、契約しているキャリアでSIMカードサイズ変更手続きを行うことです。

携帯電話会社のショップにSIMカードを持ち込むか、インターネットや電話で、SIMカードのサイズ変更を申し込みます。

ただし、キャリアにSIMカードのサイズを変更してもらう場合は、2,000~3,000円程度のSIMカードサイズ変更手数料が発生します。

★自分でサイズを変更する

SIMカードは「SIMカッター」で切る、もしくは「SIMアダプター」に取り付けることでサイズを変更することも可能です。

SIMカッターはSIMカードを小さいサイズに切り取ります。

例えばmicroSIMをnanoSIMに対応したスマホで使いたいときに利用します。

▼気になる方はコチラをクリック!▼

Aerb SIMカードカッター シムカッター microsim nanosim変換 SIM変換アダプター+SIMトレイ+紙やすり

反対に、SIMアダプターは小さいサイズのSIMに取り付けて大きなサイズに変更することが可能です。例えばnanoSIMをmicroSIMに対応したスマホで使いたいときに使用します。

▼気になる方はコチラをクリック!▼

Cismax HD【Amazon即日出荷 】落下防止機能付Nano SIM MicroSIM 変換アダプター 4点セット グリーン iPhone6S/6/6plus/5S/5C/4S/4/3GS/3用STD xperia スマホ 拡張 便利 micro 全部入り 交換 代替 Ciscle (Clear Green あかるい緑色) CGr4

ただし、SIMカッターとSIMアダプターを使う方法は、キャリアやメーカーの保証対象外なので、あくまでも自己責任となります。

格安SIMカードを使うために

★SIMロックとは

SIMロックとは、他キャリアのSIMカードが使えないように端末に制限をかけることです。docomoやau、Softbankなどの大手キャリアで購入したスマートフォンの場合、そのキャリアでしか使えないような制限がかかっているのです。

例えばdocomoの端末には「docomoのSIMロック」がかかっており、auやSoftbankのSIMカードを挿しても使えません。

従って格安SIMカードを使うためには、そのSIMロックを解除する必要があります。2015年5月からは※SIMロック解除が義務化されており、スマホを購入したキャリアに持ち込めば、原則SIMロックを解除してもらえるので、その端末を使ってMVNOと契約して格安SIMカードが使えるようになります。

※2015年5月、総務省は大手通信キャリア各社に対し、SIMロック解除を義務化するよう通達しました。これまでは格安SIMを使う場合、SIMフリーのスマホを購入する方法しかありませんでしたが、対象端末(多くの場合2015年5月以降に発売された機種)であれば、スマホを店舗に持っていくことで、SIMロックを解除してもらえるようになりました。これで、今使っているスマホのまま、格安SIMカードを使うことができるようになります。

★SIMフリー端末を購入する

格安SIMカードを利用するもう一つの方法は、SIMフリー端末と呼ばれるスマホを購入することです。SIMフリーとは、SIMロックのかかっていない状態のことで、SIMフリー端末はインターネットやMVNOを通じて購入することが出来ます。

キャリア以外で購入したスマホ端末は、基本的にこのSIMフリースマホになります。格安SIMはSIMフリースマホで利用するのが一般的です。

日本で人気の高いiPhoneも、Apple StoreからSIMフリーモデルの購入が可能ですし、GoogleのNexus5はAmazonでも購入できます。SIMフリー端末であればどの業者の提供するSIMカードでも装着して利用することが可能なのです。

SIMカードの取り出し方

SIMカードを別の端末で使うには、今使っているスマホからSIMカードを取り出し、新しい端末に挿し替える必要があります。SIMカードの取り出し方はiPhoneとAndroidで少し異なります。

★iPhoneの場合

iPhoneのSIMカードを取り出すには「SIMピン」を使います。SIMピンはiPhoneの本体からSIMカードを置く「SIMカードトレイ」を引き出すための細長いピンです。iPhoneを購入すると必ず付属しています。

iPhoneの側面を見ると小さい穴が開いています。そこにSIMピンを差し込むと、SIMカードトレイが引き出されるので、SIMカードを取り出しましょう。iPhoneにSIMカードを入れる場合は、SIMカードトレイにSIMカードを置き、iPhone本体にSIMカードトレイを押し入れましょう。

★Androidの場合

Android端末の場合は、メーカーや機種によってSIMカードの取り出し方が異なりますが、大きく分けると

✔SIMピンを利用してSIMカードトレイを押し出す

✔本体背面のカバーを外してSIMカードスロットから取り出す

の二つのパターンがあります。

SIMピンを利用するタイプのものはiPhoneとほぼ同じです。購入した際に付属しているSIMピンを本体側面の穴に差し、SIMカードトレイを押し出してSIMカードを取り出します。反対に、SIMカードを入れるときはトレイにSIMカードを載せ、トレイを本体に押し入れます。

背面カバーが外れるタイプのスマホの場合は、背面カバーを外すとSIMカードスロットがあるので、SIMカードを取り出します。こちらの場合、SIMピンは必要ありません。SIMカードを入れる場合も背面カバーを外して差し込むだけです。

iPhone専用の特殊なSIM「アクティベートSIM」

電話やネットサービスを利用するために使う通常のSIMカード以外にも、特殊なSIMカードが存在します。

それがiPhoneのアクティベーションにだけ使用される「アクティベートSIM」です。

アクティベーションとはiPhoneを利用するために必要な初期設定のことです。

新品のiPhoneや、中古でも初期化されているiPhoneはアクティベーションをしなければ利用できません。

また一度アクティベーションをおこなったiPhone端末でも、本体のアップデート後にアクティベーションをもとめられる場合もあります。

アクティベーションの実行にはiPhoneにSIMカードを挿す必要があります。

SIMロックのかかっているiPhoneの場合、他社回線のSIMカードではアクティベーションを行えない点に注意が必要です。

しかし「使えるSIMカードを持っていなくても、手持ちのiPhoneをWi-Fiにつなぎたい」、という場合も考えられますよね。

そんな時にアクティベートSIMが役立ちます!

インターネット通販などで安価で購入でき、iPhoneのアクティベーションに使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。結構長丁場でしたがここまでお読みいただきまして誠に有難うございます。読者の皆様のSIMカードに関する知識が本記事にて深まれば至極幸いに存じます。格安SIMは知れば知るほど魅力的!できればより多くの皆様にご使用いただきたいと思っております。通話など多少の制限はございますが、そのほかの機能に関しては何ら大手キャリアと変わりませんので、通信費がかさむ現代において格安SIMは必須アイテムと言ってよいでしょう。是非皆様格安SIMの良さを体感してください!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。