diary

ミニマリスト的生活のススメ

突然ですが、わたしはミニマリストです。

というか、多くのノマドが実はミニマリストなのではないかと思っています。

なぜならすべての「無駄」を省いた結果、いまのノマドという暮らし方に行きついているからです。

もう会社に行く必要がないので、通勤着と言われる社会的に無難な服は全部捨て、自分のお気に入りの服だけを残しました。

カバンも靴も、今使っている一つだけを残して全部処分しました。

古すぎる思い出の品も捨てました。

人様から頂いて中々捨てられなかったプレゼントや引き出物も捨てました。

そして、もっと言うと人間関係の断捨離を徹底的に行いました。

この結果、交際費が激減。現在はお小遣い月1万円くらいで生きています(ほぼスタバ代)。

言い方は悪いですけど、人間は「管理できる範囲のもの」しかケアできないんです。

洋服だってたくさん持っていたらアイロンかけるのも大変だし、クリーニング代だってかさみますよね?

人間関係もそう。せっかく汗水流して働いて得た貴重なお金を、たいして面白くもない惰性で付き合っている飲み会に使うのはもったいなくないですか?

だから、自分の身の回りのことは、なるべく自分の指で数えられるくらいの項目数に抑えたほうがいい。でないと、あなたの人生、あなたの周りのモノに振り回されます。

ミニマリストの考え方は、時間軸にも結び付いていて、人間は「今」しか生きられないから、「今」必要なものだけ揃えていればいいんです。

例えば、「ずっとお気に入りの服だったけど、太って着られなくなっちゃった。でも痩せたら将来絶対着るかもしれない!」という洋服があったとしますよね。これは「将来着るかも」という「不確定未来」に基づいているので、この洋服はミニマリスト的に考えると「要らない」ものになるんです。

同じように「思い出の品だからこのプレゼントは捨てられない」というものも、時間軸が「過去」に基づいているので、今を生きるミニマリスト的には「不要なもの」になります。

とはいえ、わたしもそこまで何でも捨てているわけではありません。大切なのは、モノに支配されない生き方を選択するということです。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。