漫画だけ読みたい方はコチラからどうぞ

二度と会社員には戻れない

世間の会社員の皆さまを尊敬します。

何故なら、もう二度と、私には務まりそうにないから。

この前スタバで作業していたら、斜め向かいの席で、40代くらいの男性の方が仕事をしていました。コロナの影響でリモートワーク中でしょうか、頻繁にいろんなところに電話をかけながら、かつパソコンで事務作業(カタカタツッターンッ)をしていました。

その時、電話で「無事、N社との契約、こぎつけました!今回は自分でも上出来だと思います!」と言っていたのが非常に印象に残りました。

契約、ということは営業マンでしょうか。電話口での営業トーク、パソコンでの資料作成、そして成約。その男性がとっていた行動は、私から見ると眩しいくらいに典型的な「ザ・サラリーマン」でした。

私が会社員になったのはもう5年前のことです。新卒当時は各方面に電話をかけ、また各方面から電話がかかってくる忙しそうな先輩方を見て、「私も早く電話がたくさんくるような忙しいビジネスパーソンになりたい!」と思ったものでした。

ところが精神病に罹ってからは人と話すのが億劫になり、人と対話しているときにものすごい量の精神エネルギーを消費していると感じるようになりました。

従って、社内各方面と調整し、トーク力で畳みかけ、利益をもぎ取ってくるという荒技は到底わたしには出来ないのです。何故なら、多くの人間と関わるという時点で、わたしは疲れてしまっているからです。

事務作業だけしかないバックオフィスの仕事だったらいいのかと言われれば、そうでもありません。

パソコンと睨めっこだけしていても、何が自分の成長につながっているのか、実感しにくいからです。

わたしが欲しいのはExcelのスキルなのか?いいえ、絵を描くスキルです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。