diary

まるで魔術師のようなスタバの期間限定モノの底力

 

 

2020年2月15日(土)。今日の天気は曇り。

今日は6時半に無事目が覚めて、早朝スタバに行こうと思っていたのに、何故か父から「まだ寝ときなさい」の一喝を受け、渋々布団へ。理由はどうやらまだ母が眠りこけていたので、起こしちゃ悪いからお前も寝ときなさい、の意味だったようです。確かにわたしも、母が一緒でないと、どうにも自分一人で早起きする気にはなれないのです(いい加減自立しろ)。

結局9時まで寝てしまい、わたしは慌てて支度をしました。寝ぼけた頭を活性化させることが目的なので、行きの道中も激しめのJ-POPを聞きながらスタバへ向かいます。スタバは、バレンタインが終わったので、今日から新発売の「桜」フェアをやっていました。桜ミルクプリンフラペチーノに桜ミルクラテと、どれも美味しそうです。わたしは外が寒いので、温かい桜ミルクラテにしました。

ね?美味しそうでしょ♡

「桜」フェアに伴い、店内の内装も一気に変わり、棚に常設販売されているカップからタンブラーからブレンドコーヒーまで、桜柄一色でした。店内が一気にピンク色になって、少し早いながらも、春の訪れを感じました。

いつもはタンブラーやコップ売り場にそんなに人が群がることはないんですけど、今日に限っては、桜柄の食器を見ては女性陣が歓声を上げたり、また購入する人が多かったです。少なくともわたしが並んでいた時は、列に並んでいた全員が桜柄のタンブラーを購入していました。

中には、タンブラーを形違いで10種類以上購入している強者もおり、「せどり屋かな?」と思ったほどでした。それほどまでに、スタバの「桜」フェア商品は、影響力が強い。

ある日の五条家

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。