diary

こんなときは黙ってお月見

緊急事態宣言、出ましたね。

分かっちゃいたけど、やっぱり神奈川県も含まれるのか………。

フリーランスになって早一年。ノートパソコンとiPadさえあれば、どこでも仕事できる環境になってから、本当に都心部に住む必要がなくなりました。

都心部なんて人口が多いだけで、こういう非常事態の際に店舗全部休業されるわ、こちらの仕事場が奪われるわで何もいいことありません。

物品や文化の豊かさにおける地域格差の時代は終わりました。各県の差は、単に人口が多いか少ないかだけです。

今回の非常事態宣言を受けて、ますます都心部への嫌悪感が募りました。本当に、都心部に住んでいていいことなんてない。どーするのよ、スタバ1ヶ月も休みで。

すみません、私としたことがこのブログで愚痴をこぼしてしまいました。

愚痴と悪口だけは書かないようにしていたのに。

しかし、世界中が我慢しているとはいえ、やはり娯楽を奪われるのは辛いですね。

しかも、感染人数は増える一方で、収束のめどは立たないから、この暗澹たる気持ちがいつまで続くのか分からない。だからこそ辛いのだと思います。

日本はロックダウンしていないだけ、まだ各国よりマシかもしれません。気持ちは鬱気味になりますが、わたしも素人ながら、漫画を描いて、この暗いご時世にすこしでも希望を与えるという使命を果たしていきたいと思います。

そんなわけで、今日の四コマはスーパームーンのネタをご用意しました。

こんな時ですから、せめて豪華な料理を作って、得意のケーキを焼いて、お月見団子も用意して、地球に近づいてくる月に想いを馳せたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。